【クローゼット】自宅ファッションショーで処分する服を決めました


当ブログにお越しいただいてありがとうございます。

ミニマルなセミリタイア生活を目指している

サクラと申します。


私は「好きな服」と「似合う服」が全く違います。


現在のクローゼットには

両方が混在しているため

「この服好きだけど、あ~いまいち似合わない」

とか

「この服が似合うってわかってるけど、私らしくないな」

みたいなことを

ブツブツ言いながら

鏡の前に立っています。


ベーシック.jpg


朝、着ていく洋服がなかなか決められなくて

一苦労なんですよ~。


春からの新生活に向けて

クローゼットの中のすべてを

「迷わず今すぐ着ていける服」にするための

完全なるクローゼット作りプロジェクトを

実施中です。


ちなみに

講義の時や、かしこまった席に着ていく「ON服」と

休日のお出かけ時に着る「OFF服」に分けて

クローゼットを完成させます!


なぜなら「ON服」は休日に着るには

窮屈すぎる

スーツやワンピース(非カジュアル系)中心なため

完全に分ける必要があるのです。


一般的なミニマリストの方々よりは

手持ち服が増えそうですが

致し方ありません。


昨晩は

第一弾として

冬と春の「ON服」ファッションショーをしました。


相方と息子の前で着てみて

ダメ出しされた服を

潔く処分するためです。


冬のワンピース3枚と

春のワンピース4枚。


合計7枚を着てみました。


ON服なので

実際の講義時を想定し

バッチリメイクとヘアスタイルで

ファッションショーです。


結果

冬1枚と春2枚の

3枚がダメ出しされました。


冬OPは

「スプリング色×ウェーブ

 裾刺繍のベージュワンピース」


春OPは

「オータム色×ストレート

 シルク素材ブラウンのアジアン風ワンピース」



「ウィンター色×ナチュラル

 胸刺繍のエスニックワンピース(トルコで購入)」

です。

 
どれも

「顔色が悪く見える」し

「アジアン、エスニックの

 大胆な雰囲気は

 ママに似合わない」

とバッサリと切られてしまいました。


いくら自分が好きでも

第三者から似合わないと言われたアイテムは

着たくないものです。


身内なのでハッキリ言ってもらえて

良かったです。


逆に

診断的には「似合う」と言われたけれど

自分らしくないと思いこんでいたアイテムは

相方と息子から

「似合うからもっと着たらいいのに~」と

言われました。


やはり

プロの診断結果は正しく

大いに

活用すべきという結論に達しました。


上記の3点、まだまだ着られる

上質なモノなので

誰か似合いそうな人にプレゼントしたいと思います。







最後までお読みいただき有難うございました。

今日も素敵な1日になりますように!









この記事へのコメント


この記事へのトラックバック