【美味しいご飯】お鍋ご飯VS炊飯器ご飯


当ブログにお越しいただいてありがとうございます。

ミニマルなセミリタイア生活を目指している

サクラと申します。


我が家では2015~2016年にかけての1年間は

ごく普通のステンレスのお鍋で

2016年~現在に至るまで

炊飯器でご飯を炊いています。







どちらの方が美味しいご飯が炊けるのか

そして炊く手間は?

残りご飯はどうするの?

などについて書いてみたいと思います。


ご飯といえば

なんといっても

『炊きたてご飯』に勝るものはありませんよね。


同じ『炊きたてご飯の味』で比べてみます。


お鍋ご飯>炊飯器ご飯


断然、お鍋ご飯の勝ち。


炊きあがりはふっくらツヤツヤです。

新米でなくても

お水の量さえ加減すれば

1年中、美味しいご飯が食べられました。


その上、おこげもできるので

ご飯が香ばしくなります。


炊飯器ご飯は可もなく不可もなく。

もちろんおこげはできませんし

無難に確実に

毎日同じご飯が食べられるという利点はあります。


炊く手間については


炊飯器>お鍋


炊飯器が便利ですね~。


予約タイマーなどもありますから

夜準備しておけば

毎朝、炊きたてご飯が食べられます。


しかも失敗なく同じレベルで

炊き上げりますから

忙しいワーキングママは大助かりです。


お鍋は慣れれば大丈夫なのですが

吹きこぼれもありますし

おこげで底が真っ黒なんてことも。


ちょっとテクニックが必要。


そして炊きあがるまでは

キッチンに縛られるので

朝時間に余裕がないとキツイです。


最後に残りご飯について。


炊飯器ご飯>お鍋ご飯


ウチがお鍋を辞めて

再び炊飯器を使い始めた理由は

これが一番大きかった。


お鍋で炊いたご飯、

残ったご飯をどうするのか

それが問題だったんです。


毎回毎回、食べ切る量だけ炊けばいいのですが

そういうわけにもいかず

特におこげを

お粥みたいにして食べていたんですが

それにも飽きてしまいました。


冷やごはんを

チャーハンにしたり

リゾットにしたり

焼きおにぎりにしたり

いろいろ試しましたが

どれも飽きてしまうんですよ。


結局は

炊飯器の保温ご飯サマサマ

という結果になってしまいました。


もし我が家に電子レンジがあれば

一回分ずつ冷凍し

チンして食べるという手もありましたけどね。


私の思う

お鍋ご飯VS炊飯機ご飯。


もしマメに炊く余裕と時間があって

冷やご飯対策ができるなら

お鍋ご飯をおススメします。


美味しいご飯のためなら

手間暇をいとわない、という方に。


私はついつい便利さ優先で

炊飯器ご飯ですが

セミリタイアした暁には

絶対にお鍋で炊こうと思っています。


kankoku.jpg


美味しいご飯に

美味しいおかず。


最高の贅沢ですね~。


最後までお読みいただき有難うございました。

今日も素敵な1日になりますように!